当社の顧客AMG CLS55がバッテリー警告灯が点灯したと入庫しました。

バッテリー警告灯が点灯する場合はオルタネーター故障やバッテリー不良が考えられます。

早速お預かりして診断機で見てみるとオルタネーターとバッテリーコントロールユニットの故障!!サブバッテリーにもエラーが入っていました。当然、同時に3つの部品故障が発生するとは考えにくいので、物理的点検を行いました

オルタネーターの発電は基準値ですが10年経過しており時折発電しないケースもあるので要注意!サブバッテリーは古く交換!問題はバッテリーコントロールユニットですが診断機以外で診断する方法はオルタネーターへの出力信号、電圧点検だけなので内部の電子部品は診断できません。

お客様に上記内容をお伝えした所、このCLS55から乗り換えるつもりもなく大切にしたいという事で古い部品は全て交換して欲しいという事でしたのでお値引して部品交換となりました。

W204.W205やW221等でも電子制御ベンツになっているので診断が非常に難しく単に診断機のエラーコード部品を交換しても直らない事も多いのでお客様に詳しくご説明しご予算等の打ち合わせを行い最善の方法で修理しています!

ベンツ修理