ベンツW212エンジン警告灯の原因は⁉

エンジン警告灯が点灯した場合

どこが故障しても警告灯は1つなのでエンジン警告灯が出たからと言って何が故障したかは診断機での点検が必要になります。

W212のエンジンも電子制御が多く数多くの原因が考えられます。

エンジン警告灯は車種と言うよりエンジン型式で決まってきます。

エンジン警告灯ベンツ警告灯修理

ガソリンエンジン、ディーゼルエンジンでは全く故障内容が異なりますので一概に何が故障しているという事は無く専用診断機での診断が必要です。

Xentry

なかでもエアインジェクション故障やセルフアジャストメント故障と言うエラーの場合は診断機で最終特定が出来ない場合が多いので事例や経験値での判断が必要になります。

診断機は万能ではなく車両側が診断機にどこまで対応しているか?で決まります。

例えばタイヤの減りは診断機で判らないと同様で部品に故障センサーが無ければ診断機では診断出来ないのです。

ディーラーさんでも「交換してみないと分かりません」という話は良く聞きます。

であればなおさら安く修理しないと予算が大変な事になってしまいます。

当社ではこの様な案件でも詳しくご説明し不安が無いように心がけております。