ベンツW222、W221足回り異音修理

ベンツSクラスの場合、車重が重くブレーキの効きが良いためフロント足回りに負担が多く早ければ4万キロ程で異音が発生します。

一般的にはロアアーム、アッパーアーム、ラジアスアームの劣化から異音が発生する事が多いですがスタビライザー(ブッシュ)の経年劣化が原因で異音が発生する事も多くあります、異音修理は診断が難しくリフトアップしてしまうと異音は出ませんので「ギーギー」「コツコツ」の音の種類を頼りに点検する流れとなります。

今回のケースでは目視でスタビライザーのブッシュが剥離していたので異音との因果関係は断定できませんがまずは交換となりました。

ベンツ異音修理

ブッシュだけの単体供給が無くスタビライザーAssyでの交換となります。

常に異音がしていればビフォー、アフターで改善の有無確認が出来ますが、再現性が低い異音の場合は納車後、お客様に試乗確認して頂く事となります。

当社はベンツ専門なのであらゆる異音の種類を聞いていますので正解率は高いと自負しております(外れたらごめんなさい・・)

ベンツ修理相談室