ベンツアドブルーの故障修理

アドブルー搭載エンジンの場合、エンジン警告灯の故障原因がアドブルー関連が原因の場合があります。

今回は診断機でのエラーからアドブルーヒーター故障と判明しました。

アドブルー

アドブルータンクを降ろし、内部のヒーターユニットを取り外し交換します。

交換後にはアドブルー液を補充し各ユニットのリセット作業を専用診断機で行います。

その他、Noxセンサーやメタリングバルブ、ポンプユニットなども故障しますので正確な診断が必要となります。

ベンツ修理相談室