【ベンツ修理TAKA】エンジンコンピューターにオイル混入

エンジン警告灯の診断に出したらエンジンオイルがエンジンコンピューターに入っているので50万円以上掛かります

上記のご相談が多くありますので詳細を書きます

そもそもの故障はカムマグネットセンサー内部からエンジンオイル漏れがありその漏れたオイルがエンジン配線を伝い配線末端に付いている部品までオイルが運ばれてします事が原因となります。

エンジンオイル漏れ

まずはエンジン警告灯の原因を特定する事が必要です、エンジンコンピューターがオイルにより故障し間違えたエラーが出ている場合もあるので慎重な診断が必要です。

まだエンジンコンピューターが故障して居なければ、これ以上オイルが混入しない様に根源のセンサー交換を行います。

エンジン配線内部にオイルが残っておりそのオイルが今後も出てくる事が考えられますので当社ではエンジンコンピューターの対策を行い追加オイル混入を阻止します。

上記修理方法であれば費用的に抑える事が可能です。

エンジンコンピューター自体が故障してしまっている場合はご予算に応じてご相談しながら見積もりしております。

ベンツ修理相談室