ベンツW212修理|バッテリー上がりの漏電

W212修理

この年式では珍しくバッテリーが上がってしまう漏電の修理依頼がありました。

勝手にキーONの状態になってバッテリーが上がってしまうという厄介な症状です。

漏電の診断は非常に難しく全ての電気部品に可能性があります、特に後付けのナビやレーダー、ドライブレコーダーの取り付けの問題や本体の漏電故障を疑います。

次いで水没による電子部品及びCAN不良による漏電と診断を進めていきます。

今回のW212では内装を取って点検を行うと水没の形跡があり雨水がフロアーに溜まっていましたのでこれを手掛かりにして診断するという手作業となります。

W212バッテリー上がり

この作業は電装修理25年のメカニックがすべて行いますので安心して結果を待つ事となります。

2017年11月13日