ベンツ整備

ここでは

・車検

・法定点検

・故障修理

上記3点に関してお伝えします

車検とは何をするのか?

新車から1回目の車検が3年後、その後2年毎に車検を受けなければ公道を走る事が出来ません!車検は満了1か月前から継続車検を受ける事が出来ます。

満了2かつ前に取った場合は?

継続車検期間に海外にいて・・・等で受けられない場合は何時でも車検を受ける事が出来ます、この場合は受けた日から2年間の有効期限となります(早く車検を取ると本来の満了期間より短くなります)

車検が切れてしまっていたら・・・

車検が切れていると公道を走れないのでレッカーで移動するか区役所で仮ナンバーを借りて公道を走る事が出来ます、この場合でも車検を取った日から2年間の有効期限となります

車検時に法定費用の支払い

車検には2つの意味があります、1つは点検整備を行い故障を防ぐこと、2つ目は法定費用を収めさせる事です。

法定費用とは・・・

車検時に自賠責保険加入と重量税を収めなければ車検を受けられません。また1年に1回収める自動車税も完納していないと車検を受けられません

自賠責保険、重量税、自動車税を納付させるためにも車検制度があります

ベンツ車検

車検整備は何をするのか?!

法定点検記録簿(24か月)のチェック項目の点検整備、診断機での診断整備が必要となります

この車検整備が工場によって結果が大きく異なる事が問題なんです

本来、車検を受ける車両の診断や整備が出来る工場が車検を行えば良いのですが国産車メインの車検屋さんやカーショップ、ガソリンスタンド等がベンツの車検点検を行っても何処をしっかり見る必要があるかも判らない、仮に故障個所を見つけても修理が出来ないので素通し車検を行ってしまいます

また輸入車専門工場でも車検の台数で商売を行っている工場も整備に時間を掛けれないので簡単に部品交換出来る所だけ整備して車検を通してしまいます

手抜きで故障していても車検は通るの?

工場には認証工場と指定工場があります、認証工場の場合は点検整備後(完成状態)で陸運局の検査ラインで車検を受けます、指定工場では自社の検査ラインで車検を受けます

陸運局の検査ラインはいつも混んでいて1台あたり5分程度の主要検査しか行いません(多くの点検は整備工場に委任されています)

現状、車検検査は適当でも合格する場合が多く整備工場での点検整備が重要となっています。

車検に合格しても決して安心できない場合が少なくない事を知っておく必要があります

もっと詳しくはこちら

法定点検は必要?

車検間の1年目に行うのが法定12か月点検です。義務化されていますが受けなくても罰則等はありません(ディーラー保証期間中は行わないと保証対象外になる場合があります)

法定点検では分解12か月点検記録簿に沿って点検します

新車から5年、3万キロ程のお車であればさほど気にすることはないかと思いますが、年間走行距離1万キロ以上走行する方や7年以上で5万キロ走行のベンツの場合は法定点検は行った方が良いと思います

法定点検を受けるメリットは?

ベンツの場合、1年ごとにメンテナンス警告灯が点灯するので法定点検時にリセット出来ます、またエンジンオイル交換の頻度が少ない方は法定点検時にオイル交換が出来ます

中古車で購入後の法定点検はお勧めです

中古車では消耗部品交換やオイル漏れを直さないで納車する場合が多いので「買ったばっかりだから安心」では無く法定点検でチェックした方が良いです

前回の車検がカーショップ等

前項でもお伝えしたように素通し車検の場合があるので法定点検で再確認する事をお勧めします

点検整備の重要性

ベンツ専門の点検整備をしっかり行っていれば突然のバッテリー上がりや、不動レッカー、エンジンオイル漏れ、冷却水漏れ、ブレーキパッド摩耗警告灯が出て慌てることなく無駄な出費が防げます

整備費用が心配・・・

交換部品や故障箇所を直すと費用が掛かりますが・・・だからと言って危険な状態を全く知らず高速道路で遠出するのは怖くないですか?人間と同じで状態を知っておくことが大切です!ご予算に応じて段階的に整備する等を工場と相談しながら乗られることをお勧めいたします

ベンツ故障修理

突然の故障で出費が心配

点検や車検でしっかり見ていても突然の故障は発生してしまう場合があります

特に電子系の故障や劣化部品の破損等です、しっかり点検しているお車では消耗部品での故障はほぼありません。

こんな場合でもベンツ専門工場で車検や点検を受けていればどんな故障にも対応できるので助かります。

また定期的に入庫されているお車の場合はお安く故障修理も行ってくれます。

ディーラーで全て行えば良いの?

ベンツディーラーであればお近くに1件はあると思いますしどんな内容でも対応してくれます。ただし費用感が割高なのがネックとなります、またディーラーは新車販売がメインなので新車買い替えの優良顧客優先なのは周知だと思いますが飛び込みのお客様は担当によっては冷たく感じるかもしれません。一長一短ありますのでお客様のスタイルに合わせたお店が宜しいと思います。

ベンツ点検

長く安くベンツに乗る攻略方法

新車で購入した場合、3年間は保証があるので殆ど整備費用は掛かりません、延長保証に加入するには保証料金や点検入庫等の縛りがあり保証内容も薄いので延長保証はあまりお勧めできません。

3年目の、1回目の車検はディーラー以外でも良いと思います。

1回目の車検ではブレーキパッド摩耗や油脂類が汚れていた場合のみ交換費用が掛かりますが殆ど整備費用は掛からないケースが多いです、2回目の車検以降は乗った距離分の消耗部品が発生するのである程度の費用が掛かります。

3回目の車検ごろから故障が発生する率が上がりますのでそれまでに主治医の修理工場とのお付き合いが大切になります。

*よくあるケースがディーラーで数回修理等を行い費用が高くディーラーから乗り換えるケースです、既に数十万円掛けてしまっているので今後の整備費用の捻出が厳しいです

日常のエンジンオイル交換は何処で?

カーショップでも良いと思います、オイルにはベンツ規格がありますのでしっかりと適合オイルかの確認をしてください(メンテナンスリセットは出来ないので法定点検時にリセットとなります)

良くある整備不良での故障

ベルト切れ:突然ベルトが外れます!

交換時期があるので点検時にしっかり確認

バッテリー上がり:突然上がる

エンジンが掛からない・・バッテリーの場合が多く3年~5年で交換です。

*良く12ボルトあります!と言う話を聞きますがバッテリー診断はCCA(コールドクランキングアンペアー)の値を見ます。

駐車場にオイルが垂れている

滲みの時点で点検整備していれば垂れるほどの漏れまでにはなりませんが放置しているので多くのオイルが漏れだします

足回り異音及び不良

これも法定点検での点検項目ですがスルーしている場合が多くブッシュ亀裂等が影響して異音等が発生します

エンジン不調

エンジン回転数が安定しない、エンジンから異音がする

電子制御なので何かのエラーが入っている事が多い故障です

車種、エンジンによって故障しやすい箇所、定番が異なりますのでプロの意見を聞いて無駄な費用が掛からない様に相談してください