修理や車検の見積もりはお店によって異なりますが、何が適正なのか?

分かりますか????

車検の場合は法定費用と検査費用が基本となりその他が部品交換の費用となります

修理の場合は部品費用と工賃

純正部品定価の場合は日本国内一律となっているので部品価格は変わらず工賃の差になります。

ベンツの工賃は高い?

国産車に比べると割高です

ディーラーでも店舗毎に価格が異なります

修理工場は工賃が利益になり整備士の給料に直接反映されるので優秀な整備士は高給となり工賃も高めとなります。

技術=工賃

何とか出来る程度の整備士(工場)の場合は工賃が安めの傾向にあります。

国産メインの工場で作業を頼むと割安ですが技術的な問題で再修理になるケースも少なくありません。

基本的にはディーラーの価格が基準となりますので、ディーラー以外の場合はディーラーより安くないとメリットは出ません。

たまにディーラーより割高な見積もりを見る事があります

理由は自社では出来ずディーラーに依頼し上乗せしてユーザーに請求しているケースが多いです

部品価格の差

ディーラーでは純正部品を使うので日本国内一律の定価となります

どのディーラーに行っても部品価格は同じです(工賃は異なります)

一般整備工場では純正部品、OEM部品、社外部品、中古部品、リビルト部品等の幅広いチョイスが出来るので使用部品によって価格を大幅に下げる事が可能です

特に足回りやエアサス、板金外装部品は高額なのでOEM部品やリサイクル部品を使う事で半額以下になる事も珍しくありません

技術があり、工賃が安く、選択部品の幅がある工場

上記の工場がなかなか見つからなく困っているベンツユーザーが多くいます

技術があっても注文簡単な純正部品を使うのでそこまで安くない

工賃は安いが診断や技術に不安

中華製の安い部品交換して直ぐ壊れた

知識が乏しく説明が判らない

トータルバランスが取れた工場

ベンツ取扱い実績が豊富で職人整備士、部品の知識が豊富な工場であればトータル的に頼れる掛かりつけの工場になります。