ベンツW205車検事例

販売期間 2014年-2021年

C180,C200,C220D,C43等のモデル

特有の故障としてはフロント足回りからの異音、エアサス不良、ヘッドライト雨水混入、Noxセンサー故障、エンジンオイル漏れ・・

上級グレードになるとフロントブレーキローターが高額となります

エコカー減税対象の場合は車検費用は法定費用を入れて約10万円

バッテリーはメインとサブの2個を搭載、電圧が下がったまま使用するとエコストップ不良、警告灯点灯の症状あり

比較的故障が少ない車種ですが5万キロを超えてくると消耗部品交換時期になる物が多くなります

4気筒エンジンの場合は冷却装置の故障が多く冷却水漏れや起きる

レーダーセンサー、カメラが装備されているので故障すると高額修理となります

ATが9速になっており5万キロでATF、フィルター交換が推奨されます(故障するとかなり高額ミッションです)

中古車で購入した場合は下記をチェック

バッテリー状態(3~4年交換サイクル)

ブレーキパッド、ローター状態

油脂類(エンジン、ミッション)状態

オイル漏れの有無

定期的にメンテナンスを行っている車両はトラブルが少なく安心して乗る事が出来ます

フロント足廻り異音でロアアーム交換

ボールジョイント部分からの異音

純正左右で11万円程の部品となるので優良OEM部品で費用を抑える事が可能です

W205エアサス修理

W205でエアサス装着モデルの場合、エアサスポンプはリコールが出ましたがエアサス本体の故障リスクはあります

エア漏れを起こすと車高が下がってしまうトラブルが発生します

フロント2本 純正部品68万円

リヤ2本 純正部品22万円

こちらも高額なので優良OEM部品で価格を抑える事が可能です

W205ブレーキパッド交換

皆さんが困るのがブレーキパッド、ローター交換です、新品から3万キロ前後で交換となりますがディーラーでの見積もりはフロント、リヤの4輪で15~18万円

優良部品交換で10万円程に抑える事が出来ます。

バッテリー交換

メイン、サブバッテリー交換もディーラーで10万円程となります、純正メーカーバッテリー交換で6万円程で交換出来ます

エンジン警告灯点灯

警告灯が点灯した場合、エンジン警告灯の場合ではNoxセンサーが多く約10万円(社外部品は故障が多く使えません)冷却水の場合はサーモスタッド故障交換で約7万円となります

W205の場合、冷却系と警告灯点灯が主な修理となっています

220Dのディーゼルエンジンではインジェクター故障が多くなっています